第五回目:12サインであなたの”スター(星)”にムードを添えるレッスン」〆切は10/9 23:00まで。

最終更新: 10月9日



皆さん、こんにちは!


今回よりホロスコープの仕組みと12サインに入ります。今回は、12サインを学ぶので、牡羊座が、リーダーシップと言われる理由や、牡牛座がマイペースといわれる理由などもわかります(^^)


ホロスコープの仕組みは、


10個の星

12星座(12サイン)

12ハウス

アスペクト


この4つです。


今回は12星座(12サイン)を学びます。12サインはパターンがあります。それを覚えるだけ。


10個の星が、あなたの代わりに働く10個のキャラクターだとすると、12サインは洋服です。どういった衣装、ムード、カラーを着るかが、サインで違います。


牡羊座は、リーダーシップを発揮する洋服、牡牛座は、マイペースな洋服を着ています。


裸の人形が、地球一周旅行をするとして、サインが変わるごとに、肌色が変わり、洋服が変わるイメージです。皆さんのお誕生日は変わりませんので、化粧のファンデーションで選ぶ肌色も普段の洋服も決まっているでしょう。


宇宙と地上が照応関係にありますので、●●の時期は、グレーの洋服が流行する運気だったりするわけです。



ひとまず、下記には、太陽(10個の1つ)と、地球と、12サイン(12の領域)が表示されています。ホロスコープの構成を思い浮かべてね。





上記の立体図を平面図にしたものがこれ↓




第一回目では、こちらの美しい画像をお見せしています↓





今回のレッスンで学ぶ12サインは、皆さんが雑誌などで見かける12星座のこと。知っている方も多いでしょう。ただし、オリオン座、カシオペア座などの、星と星を繋いで見つける星座と違うので区別して。


12サインは、宇宙を12分割した12のエリアです。


12サインは、地球の周りを、牡羊座♈→牡牛座♉→双子座♊→蟹座♋→獅子座♌→乙女座♍→天秤座♎→蠍座♏→射手座♐→山羊座♑→水瓶座♒→魚座♓→そしてまた牡羊座♈と、順番は変わることはなく、ぐるっと囲んでいます。


下記は、真ん中が地球として、12サイン(12の領域)が、牡羊座から牡牛座へと、反時計回りに周るイメージです。




ホロスコープには12サイン(12星座)があるということと、12サインを星が周る時は、反時計回りということを覚えてね!


太陽は一年で地球を一周しますので、365日で、太陽がどのサインにあるかわかります。


季節でいうと、春分(閏年があるので3/19~3/22前後)、太陽は牡羊座♈サインに入ります。そして牡牛座♉→双子座♊と進み、夏至(6/20前後)に、蟹座♋サインへ入ります。そして獅子座♌→乙女座♍と進み、秋分(9/23前後)に、天秤座♎サインへ入る。そして蠍座♏→射手座♐と進み、冬至(12/20前後)に、山羊座♑サインへ入ります。そして水瓶座♒→魚座♓と進み、また春分に、太陽は牡羊座♈サインに入ります。


10個の星の12サインの周り方は、反時計回り。太陽が地球の周りを周る様子↓






12サインは、


2区分(ポラリティ)

3区分(モダリティ)

4区分(エレメント)

支配星(ルーラー)



の4つのパーツで出来ています。


この4つのパーツの組合せを覚えるだけですが、説明をしますと、



・2区分(ポラリティ)とは、男性性と女性性の2つに分けたグループです。



下記の図は、男性性のグループを青でわかいやすく示しています。さて、射手座♐は、男性性、女性性、どちらのグループに属しますか?


正解は、男性性です。


男性性(牡羊座♈・双子座♊・獅子座♌・天秤座♎・射手座♐・水瓶座♒

主動的、外交的なグループ


女性性牡牛座♉・蟹座♋・乙女座♍・蠍座♏・山羊座♑・魚座♓

受動的、内向的なグループ


例えば、太陽が牡羊座にある時と、太陽が蟹座にある時とでは、太陽が牡羊座にある時の方が外向的な運気となります。


太陽が牡牛座にある時と、太陽が獅子座にある時とでは、外向的な運気はどちらでしょうか?


正解は、獅子座に太陽が入った時の方が外向的です。


外向的とは、エネルギーを外へ出そうとする様子です。


夏至、蟹座サインに太陽が入ると、暑い季節を迎えるわけですが、太陽は目的、目的を得るためのエネルギーは内側へ向かう、内面と向き合う運気といえます。




・3区分(モダリティ)とは、活動、不動、柔軟の3つに分けたグループです。



「行動パターン」で分類されています。このグループを覚えるには、先ほどの太陽の季節の流れと、ホロスコープを重ねるとイメージ出来ます。活動は、太陽が、春分、夏至、秋分、冬至に入る時のサインです。それと、このグループは、各星座で区切ると、スクエアの関係。


ここでパーツを分けるのにアスペクトが登場。オーブは考えずサインで区切ります。



活動グループ(牡羊座♈・蟹座♋・天秤座♎・山羊座♑)は、「とにかく動く」。このグループが一緒に何かをすると、とにかく動きます。季節の始まりですので。


例えば、太陽が牡羊座にあるAさんと、水星が蟹座にあるBさんと、天秤座に月があるCさんがお友達同士だとすると…、何か計画を練ると、すぐに実行するわけです。


星は10個ありましたね。今は適当に当てはめていますが、例えば、太陽が蟹座のAさんと、太陽が天秤座のBさんと、太陽が山羊座のCさんが仕事仲間なら、仕事が速いです。


不動グループ(牡牛座♉・獅子座♌・蠍座♏・水瓶座♒)は、「動かない」。このグループが一緒に何かをすると、てこでも動かないです。季節の中間、季節を味わいます。


例えば、太陽が牡牛座のAさんと、水星が獅子座のBさんが、何か計画を練ると、お互いに譲れないポイントがありますので時間が掛かります。


例えば、火星が水瓶座のAさんと、金星が牡牛座のBさんと、太陽が蠍座のCさんが仕事仲間なら、完成するまでに時間はかかりますが、力作となりそう。

柔軟グループ(双子座♊・乙女座♍・射手座♐・魚座♓)は、「柔軟」。このグループが一緒に何かをすると、柔軟に変化します。季節は次の気配もあり、移り変わろうとしています。


例えば、太陽が魚座のAさんと、金星が射手座のBさんが、何か計画を練ると、あーしましょう、やっぱりこうしよう、と話しているうちに、ほかの計画へと変わります。


例えば、太陽が乙女座のAさんと、太陽が双子座のBさんと、太陽が射手座のCさんが仕事仲間なら、当初と異なる結果でも、これもありだよね、となりそうです。

12サインのアスペクトがスクエアになるこのグループは、「行動パターン」が同じです。アスペクトのスクエアは「緊張」ですが、動きが同じ。似た者同士に映ることがあります。


「目的が同じ」パターンで分類されています。


・4区分(エレメント)とは、火、地、風、水の4つに分けたグループです。



「目的」で分類されます。このグループは、各星座で区切ると、120度のトラインの関係。



(牡羊座♈・獅子座♌・射手座♐)は、「面白いことを目指す」。このグループは、自分の中の火が熱くなること、楽しく燃えること、自分の中の面白さが見つかることを目指します。


例えば、太陽が牡羊座のAさん、太陽が獅子座のBさん、太陽が射手座のCさんは、面白そうならやる!


(牡牛座♉・乙女座♍・山羊座♑)は、「具体的な成果を目指す」。このグループは、地に足がついたもの、堅実的で建設的、目に見える形に仕上げることが目的です。


例えば、太陽が牡牛座のAさん、太陽が乙女座のBさん、太陽が山羊座のCさんは、結果が出せるならやる!



(双子座♊・天秤座♎・水瓶座♒)は、「知ることを目指す」。このグループは、理解すること、、知恵を使うこと、知識を得ることが目的です。


例えば、太陽が双子座のAさん、太陽が天秤座のBさん、太陽が水瓶座のCさんは、理解したいからやる!



(蟹座♋・蠍座♏・魚座♓)は、「同化することを目指す」。このグループは、共感したり、同じである、共にある、深く一つになることが目的です。


例えば、太陽が蟹座のAさん、太陽が蠍座のBさん、太陽が魚座のCさんは、一緒でいたいからやる!



12サインのアスペクトがトラインになるこのグループは、「目指すもの」が同じです。アスペクトのトラインは「調和」ですので、仲良し同士に映ることがあります。



アスペクトの記号はこちら↓







支配星(ルーラー)


支配星を調べて回答したことを覚えていますか?




望遠鏡が発見される以前は、天王星、海王星、冥王星は肉眼で見えず。肉眼では、7個の星だけが見えていました。そのため古典占星術は支配星は7個のみを当てはめています。



例えば、蠍座の冥王星は、現代になってからです。冥王星とは見えない底力のようなものですし、公転周期も遅いので、人生を100歳としても、一生の間に、影響を受ける機会は限られます。そのため、天王星、海王星、冥王星は、付け足さないという解釈が今もあります。


先日、多くの質問が届きましたが、下記は、伝統的なディグニティという、サインに入った時に力を発揮する星の表を、私が現代版に星を加えています。



以上の事から、12サインは少しわかりましたか?


牡羊座が、リーダーシップと言われる理由がわかりますか?


12サインの牡羊座は…、男性性で、活動で、面白いことを目指し、火星を支配する。


一般的な雑誌やネットに掲載されている牡羊座は、「自己主張 挑戦的 リーダー ダイナミック 先駆 大胆 危険をものともしない じっと我慢できない 精力的 冒険好き 向こう見ず 自己中心的 行動志向的」とありますが、こうしたキーワードは、

男性性で、活動で、面白いことを目指し、火星を支配するところから派生しています。



では、今回の課題です。〆切は10/9 23:00まで。


下記の①~⑬の()を当てはめて送ってください。10/9回答を一部追記


3区分(モダリティ)の質問


①とにかく動くのは、(牡羊座)(蟹座)( 天秤座)(山羊座)サイン。

②動かないのは、(牡牛座)(獅子座)(蠍座)(水瓶座)サイン。

③柔軟な対応は、(双子座)(乙女座)(射手座)(魚座)サイン。


4区分(エレメント)の質問


④面白さを目指すのは、(牡羊座)( 獅子座)(射手座)サイン。

⑤具体的な成果を目指すのは、(牡牛座)(乙女座)(山羊座)サイン。

⑥理解を目指すのは、(双子座)(天秤座)(水瓶座)サイン。

⑦一体感を目指すのは、(蟹座)(蠍座)(魚座)サイン。


応用の質問


⑧自分の中の楽しみや面白さを目的として、スピーディに動くのは(牡羊座)サイン。

⑨互いを尊重し理解を目指すため、意思を譲らず貫くのは( ? 座)サイン。

⑩皆と同じ気持ちでいたい、臨機応変に対応するのは( ? 座)サイン。


復習問題


下記のホロスコープをみて答えましょう。




⑪サインにルーラーがあるものを選んで、今回はサインで答えてね。

ヒントは、合計4つのサインにルーラーがあります。


⑫乙女座サインの太陽は、何度にありますか?

ちなみに獅子座の金星は7度です。




⑬乙女座サインの太陽と魚座サインの海王星のアスペクトは何度ですか?





回答時にご質問は受付けています。質問回答は個別でなくこちらでシェアします♡



179回の閲覧

©2020 by 相性研究家はゆき咲くら公式サイト。Wix.com