獅子座新月のホロスコープ-レッスン番外編


皆さま、こんにちは!


これは、獅子座新月図です。





太陽と月が重なる時を”新月”といいます。


新しい月の始まり。月はおそよ28日で地球の周りを一周します。


12か月カレンダーの8月の月の始まりではありませんし、獅子座の季節の始まりでもありません。


地球の周りを公転する太陽と月が、この瞬間に同じ場所で巡り合ったということです。



太陽☉と月☽を探してみて!


太陽は獅子座26.35°のところに、月も獅子座26.35°のところに。つまり、ピッタリ重なっています。


こうして、星と星が重なり合わさること、占い用語では「合」もしくは「コンジャンクション」といいます。


もっというと、太陽と月の下のあたりに、MCって表示は見つかるでしょうか?


MCはこの新月図だと25.36°です。


MCについて…MCはミッドヘブンの略です。ミッドヘブンは、私たちの建物の屋根にあるドア。それは立場をはっきりと示すところ、社会や世界に向けて、最も目につく場所を示しています。


というわけで、今回の新月は、最も目立つポジションで輝いて始まります。ご参考まで。


月は地球のまわりを回っているので太陽の光で満ち欠かけて見えます。月は太陽の光で姿を見せますので、空を見上げても新月は太陽にすっぽりと隠れてしまい、その姿を見ることは出来ません。


でもホロスコープには太陽と月が描かれています。



ちなみに、これは4日後の太陽が乙女座に入った瞬間のホロスコープ


実際の月は三日月なので弓の形に見えると思います。







太陽と月はどこに見えますか? 太陽☉と月☽をもう一度、探してみて!MCと反対のICを挟むような位置です。この図は、①回目でお伝えした内容と全く同じです。


太陽は乙女座♍0,00のところに。月は天秤座♎18.44のところに。反時計回りに、月は獅子座~乙女座~天秤座へと移動しています。


地球の自転によって、星は東から西に登りますが、ホロスコープは反時計回りに動いてるように表示されます。



太陽☉は「目標」でしたね?


太陽☉は、人生の目標、自我、男性性、主体性、そして目的などでした。


月☽は「感情」でしたよね?


月☽は、感受性、感情、日常、習慣、女性性、幼少期、妻、母、そして感情などでした。



太陽と月が重なる時を新月といいますが、新月ってどういうことが起こるのでしょうか…?




①の課題を進めつつ、次週まで、ちょっとイメージしてみてくださいね。



新月は、月=感情、あなたの心が、太陽に包まれて、まっさらにリセットがかかります。






102回の閲覧

©2020 by 相性研究家はゆき咲くら公式サイト。Wix.com